虫歯
  • サイトマップ
  • ホームへ

どうして虫歯になるの?

歯の病気といってすぐ思い浮かぶのは虫歯ではないでしょうか。子どももおとなも虫歯になるのはイヤですよね。これくらい平気と思ってガマンしていると大変なことになってしまう場合もあります。ここでは、虫歯の原因や進み方、治療法などを説明しましょう。

虫歯の原因は?

チョコレートやキャラメル、ケーキなどの甘いものがスキな人は多いと思います。私も大スキです♪けれど、こういった甘いものを食べたときはきちんと歯をみがかなければ、虫歯になってしまいます。
ところで、虫歯の原因(げんいん)は何だと思いますか?かならずしも、甘いものが原因というわけではないんですよ。「ミュータンスきん」というのが虫歯の原因になります。この「ミュータンスきん」は砂糖(さとう)が入っているものを食べると活発(かっぱつ)に動き出します。そして、歯垢(しこう)を作ります。
さらに歯垢の中で酸(さん)をつくります。この酸には歯をとかしてしまうはたらきがあります。こうして少しずつ虫歯ができていくのです。ちなみに生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、気をつけましょうね。

 

歯垢って?

さっき出てきた歯垢という言葉はよく聞きますよね?でも、何のことかわかりますか?歯と歯のあいだや、歯と歯ぐきのさかいめを見ると白いものがつまっていることがあります。それが歯垢です。歯垢というのはバイキンのかたまりで、口の中にあってはいけないものですが、ネバネバした強い力をもっているため、しっかり歯みがきしなければとれません。これをほったらかしにしておくと、かたまって歯石(しせき)になってしまうんですよ。こうなると歯みがきだけでは落ちなくなってしまいます…。



ページ最上部へ戻る

虫歯の進み方

歯医者さんが歯のことをアルファベットでよぶことは「歯の名前としくみ」のページで紹介しましたね。COとは定期的(ていきてき)に歯医者さんにみてもらう必要(ひつよう)がある歯のことです。たとえば初期(しょき)虫歯。これは虫歯になる一歩手前でちゃんと歯みがきすればなおります。時々、歯医者さんは歯をみるときにCに数字をくっつけて言っていることがあります。C1 とかC2というように…。これは虫歯の進み方の度合いをあらわしているものです。この進み方は4段階(だんかい)にわけられています。

 

C1

歯の表面やみぞの色がかわります、エナメル質がとけ出して穴(あな)があきます。まだ、痛(いた)くはありません。



C2

いよいよ穴の中にバイキンが入り込んでいきます。
エナメル質を通りこして象牙質(ぞうげしつ)までいくと甘いものを食べたとき痛くなったり、つめたいものが歯にしみるようになります。



C3

さらに虫歯が神経(しんけい)にまでとどくと、穴はますます大きくなります。
とくにお風呂に入ったり、夜になるとズキズキ痛むことがあります。



C4

ここまでくると見える部分はほとんどなくなってしまいます。
歯の根っこだけがのこっている状態(じょうたい)ですね。痛みはきえることもありますが、根の先にウミがたまったりもします。



ページ最上部へ戻る

虫歯を治療しよう

こんどは虫歯の治療(ちりょう)について説明します。
なにかモノを食べたり飲んだりして歯が痛かったりしみたりしたときは、ガマンしないで早めに歯医者さんにいきましょう。
治療は虫歯の進み方によって、少しずつちがってくるんですよ。
C1の虫歯なら麻酔(ますい)なしで治療できます。虫歯になっているところをけずって、レジンというゴムのようなものや金属(きんぞく)でうめます。
C2から先の虫歯の治療には麻酔をかけることになります。ふつうの麻酔がコワイという人は笑気(しょうき)麻酔があるかどうか聞いてみるといいでしょう。全身麻酔とちがって、ほとんど意識(いしき)がなくなる、なんていうことがないため、安心して治療を受けることができますよ。どの状態の虫歯の治療もダメになっているところをすっかりとってしまうことからはじめます。それからは薬をぬったり、つめものをしたりします。また歯の神経(しんけい)が生きているときと、そうでないときで治療法が少しちがったりもします。
とにかく、コワイからといって途中(とちゅう)で通うのをやめてしまうのではなく、さいごまでちゃんと通院しましょう。こども専門の歯医者さんでは楽しい雰囲気(ふんいき)の中で治療できるように工夫されているところも多いですよ。

 

ページ最上部へ戻る