歯ブラシ
  • サイトマップ
  • ホームへ

どんな歯ブラシを使えばいいの?

上手に歯をみがくためには、「歯ブラシ」の選び方も重要になってきます。
歯は私たちが思っている以上に大きさや形がバラバラです。なので、つかいやすくて小まわりのきく「歯ブラシ」で、すみずみキレイにみがきたいですよね。
ここでは「歯ブラシ」の種類と使い方を説明します。「歯ブラシ」選びの参考にしてくださいね。

「歯ブラシ」のえらび方のポイント

みなさんは「歯ブラシ」を選ぶとき、どんなことに気をくばりますか?
「歯ブラシ」そのもののデザイン?毛のかたさ?それとも持ちやすさ?この「歯ブラシ」にしよう!と思うポイントは人それぞれだと思います。
けれど、一応は歯医者さんもすすめる理想的(りそうてき)な「歯ブラシ」というものがあるんですよ。ここで、部分別のえらび方を見ていきましょう。

 

柄(え)のえらび方のポイント

ここでは歯ブラシの柄を選ぶポイントをまとめています。

まっすぐなもの

でっぱりがないもの

できるだけ柄の断面(だんめん)がだ円形をしているもの

ヘッドが小さいもの



毛のえらび方のポイント

ここでは歯ブラシの毛のえらび方のポイントをまとめています。

透明(とうめい)でナイロンでできているもの

かたさはふつうで、弾力(だんりょく)のあるもの

幅(はば)3列に植毛(しょくもう)されているもの

毛があまり密集(みっしゅう)していないもの

タテの長さは人差し指の第一関節(かんせつ)までの長さのもの

毛足がみじかいもの



ページ最上部へ戻る

「歯ブラシ」の基本的(きほんてき)な使い方

さぁ、自分にぴったりの「歯ブラシ」を見つけたら、こんどは使い方を学びましょう!「歯ブラシ」の使い方をちょっと工夫(くふう)するだけで、歯をキレイにみがくことができるんですよ♪「歯ブラシ」の毛の部分は上のほうを「つま先」、左右のふちを「わき」、下のほうを「かかと」というようにわけることができます。

 

「歯ブラシ」の「つま先」

ここでは歯ブラシの「つま先」のえらび方のポイントをまとめています。

歯と歯のあいだをみがくとき

奥歯をみがくとき



「歯ブラシ」の「わき」

ここでは歯ブラシの「わき」のえらび方のポイントをまとめています。

歯と歯ぐきのあいだをみがくとき



「歯ブラシ」の「かかと」

ここでは歯ブラシの「かかと」のえらび方のポイントをまとめています。

歯と歯のあいだをみがくとき

歯の手前側(てまえがわ)をみがくとき



ページ最上部へ戻る

「歯ブラシ」の種類を教えて!

「歯ブラシ」の買うときのもう一つのコツとして、自分にあった種類をえらぶといいでしょう。一口に「歯ブラシ」といっても、いくつかの種類があります。
それらを紹介しましょう。
小さなお子さんにはお父さん、お母さんが選んであげてくださいね!

 

一般(いっぱん)の「歯ブラシ」

私たちがいつも使っているふつうの「歯ブラシ」です。
子供用から大人用まで、まよってしまうくらい多くの種類がありますよね。各メーカーから工夫をこらした「歯ブラシ」が次々と出ています。



「1列歯ブラシ」

これは毛が1列だけ植えられている「歯ブラシ」です。歯垢のたまりやすいとされる歯と歯ぐきのあいだにジャストフィットするので、歯垢をのこさずにかきとることができます。歯肉炎でこまっている人におすすめですよ!



「電動歯ブラシ」

「歯ブラシ」というと手動のものと、もう一つ電動のものを思いうかべる人がいると思います。電動歯ブラシには普通のものと「音波歯ブラシ」、「超音波歯ブラシ」の3タイプがあるんですよ。くわしくは「電動歯ブラシ」のページをごらんください。



ワンタフト系ブラシ

これは毛が1束しかない「歯ブラシ」です。ヘッドが小さくて小まわりがきくため、せまい部分もキレイにみがくことができます。歯を矯正(きょうせい)している人にも向いていますよ。



ページ最上部へ戻る

「歯ブラシ」以外に歯をみがく道具はあるの?

「歯ブラシ」のほかにも、歯をきれいにする道具があります。これらは、どちらかというと大人向けといえるかもしれません。子供が使うときは大人がやってあげるか、またはそばについていてあげましょう。

 

「歯間(しかん)ブラシ」

理科の実験(じっけん)などで使う試験管(しけんかん)をあらうブラシと同じような形をしています。歯と歯のあいだが広く人向けのブラシといえますね。歯と歯のあいだをキレイにそうじできますよ。



デンタルフロス

ナイロンで作られた糸がついているもので、「糸ようじ」ともいいます。これも歯と歯のあいだをそうじするために使います。食べ物がはさまってしまったときに使うと便利(べんり)ですよね。



水流式洗浄器(すいりゅうしきせんじょうき)

これはノズルの先から一気にたくさん水を出して、口の中を洗い流す道具です。体の不自由な人のために開発されたもので、歯についた歯垢を完全におとし切ることは残念ながらできません。



「舌ブラシ」

これは歯をキレイにするためのものではなく、舌(した)についたよごれをとる道具です。このよごれをそのままにしておくと口臭(こうしゅう)の原因になることもあるので、気をつけましょう。



ラバーチップ

「歯ブラシ」の柄のような先に小さいゴムでできたものがついています。これは、よごれをおとす目的ではなく、歯と歯のあいだの歯ぐきをマッサージするために使います。健康な歯ぐきのためには、時々マッサージしてあげることも大切ですよ。



ページ最上部へ戻る