人間 動物 歯
  • サイトマップ
  • ホームへ

人間と動物の歯の違い

人間と同じように動物にも歯が生えています。ですが、その本数や形は私たちとはちがっていて、それぞれにいろんなタイプがあります。
ふだんはあまり知るチャンスのない動物の歯について紹介したいと思います。人間と動物の歯、どんなちがいがあるのか見ていきましょう。

肉食(にくしょく)動物の歯

動物は食べるエサによって、いくつかの種類(しゅるい)にわけられます。まずは、肉食動物の歯を見てみましょう。
肉食動物にはライオン、トラ、オオカミ、ネコなどがいます。これらの動物の大好物(だいこうぶつ)は肉!するどくとがった歯が特ちょうで、この歯を使って肉をさいたり、骨をかみくだいたりするんですね。
なかでも、えものをつかまえるための犬歯(けんし)が発達(はったつ)しています。この犬歯は牙(きば)のはたらきをするので、どんなえものもゲットすることができるんですね。さらに奥歯(おくば)は、ハサミのようになっていて、肉をくいちぎる強い力をもっています。
こうしてくいちぎったあとは、あまりかまずにあっという間に飲みこんでします。

 

ページ最上部へ戻る

草食(そうしょく)動物の歯

こんどは草食動物の歯を紹介しましょう。草食動物というと、ウマ、ウシ、シカ、キリンなどがあげられます。これらの動物は草や木の枝(えだ)をかみ切るための前歯がとても発達しています。けれど、「上あご」の前歯はありません。
これが草食動物の特ちょうともいえるでしょう。そのかわりに「上あご」には歯板(しばん)というかたい歯ぐきがあります。
また「下あご」の前歯はシャベルのような形をしているんですよ。この下の前歯と歯板をつかって、じょうずに枝についている葉を食べます。
奥歯は草やくだものをすりつぶすために、「うす」のようになっています。犬歯はあまり発達していません。草はおなかの中で消化(しょうか)されにくいので、ウシなどは「はんすう」といって、一回食べたものをかみかえす行為(こうい)をします。そのほか、キリンはとても長い舌(した)をもっているので、高い場所の葉もぐるっと舌に巻きつけてとることができます。

 

ページ最上部へ戻る

雑食(ざっしょく)動物の歯

肉や野菜など何でも食べるのが雑食動物です。
私たち人間もその仲間(なかま)に入るのですが、雑食動物の歯はどうなっているのでしょう?人間のほかに、サルやクマなんかもそうですね。
歯については肉食動物と草食動物の両方(りょうほう)の特ちょうがあげられます。前歯はハサミのように食べ物をかみ切り、奥歯は臼(うす)のように食べ物をすりつぶすはたらきをします。
クマの牙(きば)もトラにくらべると小さいんですよ。どの歯も、だいたい同じように発達しています。いろんな種類の食べ物を食べやすい歯ならびになっています。

 

ページ最上部へ戻る

その他・動物の歯

ここでは、その他の動物として少しだけ紹介することにしましょう。

 

げっ歯類(げっしるい)

ウサギやリス、ネズミなどは「げっ歯類」とよばれています。
これらの動物はつねに歯がのびつづけます。そのため、いつもかたいものを食べて歯をけずり、のびすぎないようにしているんですよ。
ちなみにウサギは28本の歯をもっていて、そのすべてがのびつづけています。形は上の前歯が前後(ぜんご)にかさなっていて、とてもするどくなっています。
このおかげで、木の枝をはいだり、ニンジンを器用(きよう)に食べることができるんですね。一方でリスやネズミなどは、前歯だけがのびつづけます。不思議ですね〜♪



海の生き物

海の生き物といっても魚類からほ乳類(ほにゅうるい)までさまざまで、食べるエサの種類もみんなバラバラです。なので、歯の形などもちがってきます。
ほ乳類をいくつかあげて見ていきたいと思います。

サメ

サメの歯は全部でおよそ200本あります。
すべてがするどくとがっていて、またたく間にえものをくいちぎってしまいます…。
2、3日ごとに新しい歯に生えかわるので、ぬけっぱなしになることはありません。
サメの歯のうしろには6〜10列もの歯がつねに用意されているのです。

クジラ

クジラには歯があるものと、ないものがいます。
みなさんがよく知っているのは潮(しお)をふく大きなクジラですよね?
今回はそのクジラのおはなしをします。ほ乳類の中でいちばん大きな動物はシロナガスクジラといいます。シロナガスクジラには歯がありません。
そのかわり「ひげ板」というものが口の中の左右に300〜400枚あります。これは「上あご」の歯ぐきが変形(へんけい)したもので、成分は人間のつめと同じなんですよ。

オットセイ

オットセイの歯は36〜38本あります。
おかあさんのおなかの中にいるときにたった1回だけ生えかわります。これは生後2〜3週間で、すぐに自分で魚をとりはじめるためです。オットセイの犬歯はほかの歯にくらべて長く、すべての歯がするどい形になっています。

ラッコ

ラッコには全部で32本の歯があります。
人間のような小臼歯(しょうきゅうし)、大臼歯(だいきゅうし)、そして犬歯をもっています。 前歯(犬歯)で貝柱などの身をかきとるようして食べます。
また、奥歯はウニやカニ、貝殻(かいがら)などのかたいものをかみくだけるようになっています。



ページ最上部へ戻る