歯の矯正
  • サイトマップ
  • ホームへ

家庭でできる歯の矯正方法

歯の矯正(きょうせい)治療は年齢・性別問わず、やることができます。見た目があまりにもひどかったり、日常生活に支障(ししょう)がでるようなら歯医者さんで治療したほうがいいでしょう。このページでは家でも試せる矯正方法もふくめ、子供の歯の矯正について説明しています。

歯の矯正(きょうせい)って?

歯並びがわるいと上手にモノをかむことができなかったり、キレイに発音できなかったり…。なんといっても歯がデコボコしていたら、外見がよくありません。
こういった歯並びのわるさをなおすのが矯正治療です。
歯並びの症状には「出っ歯」や「そっ歯」などいろんなものがありますが、どんな症状でもたいていは矯正装置をつかって治療します。そのほか、病院や歯の症状によっては、矯正のために必要な歯をけずったり、かぶせものをして高さを調節する、または最終手段としてアゴの手術をするといった治療方法があります。
このようなわるい歯並びのことを不正交合(ふせいこうごう)といいますが、やわらかいものばかり好んで食べる子供や若い人たちの70%は不正交合の症状があるといわれています。
そのままにしておくと虫歯や歯周病になりやすい、顎関節症(がくかんせつしょう)、肩こり、腰痛、イビキ、歯ぎしりなどさまざまな症状が出てきます。
かみ合わせがわるく、モノがかみにくいという人は一度歯医者さんでみてもらうといいかもしれませんよ。

 

ページ最上部へ戻る

歯の矯正装置の種類

昔は銀色の金具をつけて治療していましたが、今は医療技術も進歩して人が見たときにキレイに見える装置や歯の表面ではなく裏側についていて見えない装置など、見た目がおかしくないものが作られています。歯の矯正装置はおもに3つの種類にわけられます。

 

表側の装置

今のところは、まだこの装置をつかって歯の矯正をしている人が多いかもしれませんね。これは歯の表面に銀色の金具が見えるタイプです。
「マルチブラケット装置」といいます。装置の素材も年々改良されているので、目立たずに歯のいたみもやわらげる作りのものが出ています。



裏側の装置

これは歯の矯正治療がイヤな理由No.1にあげられる、見た目のわるさを解消した装置です。ですが、歯の移動方法がむずかしいため、歯医者さん全員がこの装置をつかった矯正治療ができるわけではありません。ちなみに特別な装置をつかうので、ふつうの矯正治療よりも治療費は高めになっています。



取り外しできる装置

この取り外しできるタイプの矯正装置は、どの症状でもつかえるわけではありません。症状が軽い人向けのものといえます。
自分で取り外しができるので便利といえば便利ですが、子供には適さないでしょう。
当たり前ですが、つけている時間が長ければ長いほど大きな効果があらわれます。



ページ最上部へ戻る

歯の矯正治療が必要になる前に…

家庭でも試すことのできる歯の矯正治療と予防の方法はほとんど同じといえます。歯の矯正治療費は安くて70万円、高い場合は100万円以上することもあります。子供の歯並びがわるくて矯正中、あるいはかみ合わせがズレないように予防したいと思っている人に、ちょっとしたアドバイスをしましょう。
できるだけ高額の矯正治療をしなければならなくなる前にかみ合わせのズレ予防をしてくださいね。また、今矯正中の人も再発防止のため、お役に立てたら嬉しいです♪子供だけに気をつけさせるのではなくて、家族みんなで予防に取り組むことをおすすめします。

 

かみ合わせのズレ予防法

食事のときに噛むバランスを左右同じにしましょう。
(たまにはガムをかむことも大切です) バッグを肩にかけるときは「たすきがけ」にして左右のバランスをととのえましょう。 ほおづえはつかないようにしましょう。
食事やテレビを見るときに同じ方向ばかり向かないようにしましょう。 靴の片側がすり減ったときは新しいものにかえましょう。 うつぶせで寝ないようにしましょう。 自分の好きなことをするなどして、ストレスをためないようにしましょう。



ページ最上部へ戻る