歯医者
  • サイトマップ
  • ホームへ

子供が歯医者を嫌がるのはなぜ?

子供が歯医者を嫌がる理由はいろんなことが考えられます。
そのなかで一番大きな理由は治療がいたいから…。
きっといたくない治療をしてくれるなら、きっと嫌がらずに行くことでしょう。このページでは子供が歯医者を克服(こくふく)する方法を探っていくことにしましょう。

いたくない歯医者ってあるの?

いたくない歯医者なんて夢のようだと思いませんか?
けれど、これが実在するんです!以前テレビでやっていたことがあるのですが、仙台にある歯医者さんなんです。その病院では「3Mix−MP法」という治療を行っています。最近ではテレビや新聞、健康雑誌などで数多く取り上げられるようになっているので、知っている人もいるかもしれませんね。
これから少し「3Mix−MP法」について説明する前に、きちんと知っておいてもらわないといけないことがあります。
それは、この治療法が虫歯に限ったものではないということです。バイキンが原因となる口の中の病気すべてに効果的な治療なんですよ。

 

「3Mix−MP法」って?

「3Mix−MP法」とは簡単に言うと、薬を使ってバイキンを取り除くという治療です。これは内科治療では一般的なものですが、歯の治療でバイキンを完全に消すのはむずかしいとされていました。バイキンがいなくなるということは、治ろうとする力をジャマするものがいなくなるので、組織(そしき)が元通りになるというわけです。メディアで紹介される回数がふえてきたとはいえ、普及してからまだ何年も経っていません。この方法で治療できる歯医者さんは10人くらいしかいないのが現状ですね…。



「3Mix−MP法」の特ちょう

ここでは「3Mix−MP法」の特徴をまとめています。

ぬけそうな歯以外は治療可能。

治療に年齢や体調は関係ない。

麻酔注射の必要なし。

一回の治療で「虫歯きん」を取り除くことができる。

歯冠(しかん)の修復(しゅうふく)は接着技術で。



ページ最上部へ戻る

歯医者嫌いの子供にウソはダメ!

おとなでも歯医者嫌いな人がいるくらいなので、子供が嫌ってもなんの不思議もありません。よほど治療が上手で痛みを感じないうちに終わらせてしまうなら別ですが、いくら腕のいい歯医者さんでもムリなものがあるでしょう。
ですが、嫌がるからといって放っておくと虫歯はどんどんひどくなってしまいます。よく子供に「あっという間に終わるし、全然いたくないよ」なんていうお父さん、お母さんがいますが、それは子供にウソをついていることになります。
子供にしてみれば親にウソをつかれたうえに歯医者では痛い目にあって、さんざんな思いをします。甘いものを食べ過ぎたり、歯磨きをしなかったりしたせいで治療しなければならないとこを親もお医者さんもきちんと説明してあげましょう。3歳以上のお子さんなら、わかると思いますよ。

 

ページ最上部へ戻る

子供が歯医者を嫌がらない工夫

はっきり言って歯医者さんで完全にいたくないように治療してもらうことはできません。ですが、子供がおとなしくしていてくれれば治療もしやすくなりますよね。
どうにかして子供が歯医者を嫌がらない方法はないのでしょうか。
まず家で親は子供の前で「歯医者、いたかった」なんて言うのはやめましょう。また、歯医者さんはなるべく院内を明るい雰囲気にしましょう。
子供のなかで歯医者さんは暗いイメージになっていることが多いです。
それから、たくさん話しかけてあげてください。歯医者さんに行ったらお医者さんまかせにするのではなく、親も協力するといいですね。
お母さんが診察室に一緒に入らないというのも一人で頑張らなきゃ!と思うのでかえって効果的な場合もあるんですよ。あとは、子供専門の歯医者を選ぶというのも一つの手です。そういった歯医者はアニメのビデオをながして、それを見ているあいだに治療をすませたり、壁にたくさんキャラクターのイラストが描かれていたりと、いろんな工夫がなされています。そのほか、初めてなら上手だと評判の歯医者にいってみるのもいいかもしれませんね。

 

ページ最上部へ戻る